ストーカー加害者への意識調査

今日の四国新聞の記事にあったのですが、「ストーカー動機 意識調査」というタイトルで、内容はストーカー規制法に基づく警告を受けるなどした加害者117人を対象に行った無記名式のアンケートの結果です。
被害者への当時の気持ちのトップが41.3%で「元の関係に戻りたい」、3位は26.9%の「憎しみや怒りがある」という結果だったらしい。恐ろしい。。。
もっと恐ろしいのが加害者の25%が「ストーカー行為をしていると思っていない」という事です
被害者はあまりの恐怖や不安から仕事に集中出来なくなったり自殺を考える程に苦痛な状態なのに。

これだけのデータが出ていながら警察が思い切った手段をとれないのは、法律の壁なのかも知れないし、証拠が不十分という事があるのかも知れない。

ストーカー問題でお悩みの方、オルカジャパン香川がストーカー行為の証拠を取るお手伝いであなたをサポートします。
証拠に加えて相手の身元、仕事関係など情報を揃えて深刻な状況になる前に警察に突き出してやりましょう。