経営者VS従業員

いつの時代も同じで経営者と従業員のトラブルは絶えません。

最近増加傾向なのが、従業員の素行調査。

先月から3件の調査を行いました。

〇社内恋愛(不倫)がきっかけで今では会社の存続が危ぶまれる程の大問題に発展した案件

〇退職した元従業員が、職務が原因で体調を壊し以後日常生活が送れなくなったと訴えを起こした案件

〇休職中の従業員が、オーナーのパワハラが原因で精神障害を患ったと連絡をしてきた案件

いずれも依頼者さんは経営者、対象者が従業員の素行調査です。

目的は裁判等で経営者側が主張する事を立証できるような証拠映像を撮ることにあります。

 

最近こういった調査は増加傾向にあります。

トラブルそのものが多くなっているのでしょうね。

こういった案件を引き受けるか否かの判断基準は、

正義があるのか?

これに尽きます。

大袈裟ではなく、こういった案件で悪い側が相手の足を引っ張るために相談を持ちかけてくることがあります。

要は本当に困ってる人を苦しめるようになってはいけないので、その相談案件の詳細を聞き出し、判断するのは全て私です。

企業案件でも浮気調査でも原則、面談は私がするのはそんな理由もあります。

私達が撮ってきた映像、証拠が裁判や調停で勝負の分かれ目になる事が多いので、大事なところです。

 

 

皆様の周りにも

・退職予定の従業員がライバル会社に機密情報を持ち込んでいるらしい

・休業手当をもらって休職しているはずの従業員が元気にアルバイトしているらしい

・社内の人間関係のことで変な噂が...

こんな事でお悩みの経営者さんはいませんか?

トラブルにおいて相手より有利に立つためには証拠を取るしかありません。

 

ご相談は、総合探偵社オルカジャパン香川まで。