不倫現場NO.1はアパート 証拠の注意点 

不倫する2人が密会する場所として1番多いのがアパートです。

浮気相手がアパート住まいのケースが多いのですが、そうでなくてもどちらかがアパートを借りるんです。

初期はラブホテルを利用している2人もいずれアパートになってくるケースも多いです。

何十回会っても、何年続いても、ラブホテルで密会する2人もいますが、やはりリスクが高いと思います。

 

依頼者さんから

「うちの旦那はケチですからアパート借りるまではないと思いますが...」

とか

「アパート借りるようなお金は持っていないと思いますし...」

など言われることもありますが、調査を入れると...いろいろわかってくるものです。

お金を持ってない人が浮気する事だってもちろんありますが、浮気するような姑息な人はちゃっかりお金も持っています。

知らぬは奥さん(ご主人)だけって事もよくあります。

「家では、あんなに節約節約ってうるさいのに!」って怒るのも当然です😅

 

アパートの浮気調査の場合、ラブホテルとは少し違うポイントがあります。

ざっくり言えば、より詳しく証拠を取っていく必要があるんです。

ラブホテルは男女がそれなりの事をやらかしに行くところですが、アパートは必ずしもそうではないことがその理由です。

証拠の回数とか滞在時間だけではなく、例えば合鍵(最近はカードキーもある)を所持していないか?というような点です。

こんな感じ↓

女のアパートなのに自分で合鍵持って毎回部屋に入ってたら、さすがに「たまたまビデオ観に行っただけやで!」とか「相談にのっていただけ」とは言えませんからね。

要はアパートの場合は、より細かいところまで映像に残すことによって後々に役立つ事があるんです。

 

「大人の男女が、2人で何時間も部屋にいたんですから」ってご意見もあるとは思いますが、調停員や裁判官も薄々はわかっていても判断をくだすには、必ず証拠が必要になります。ご家族に間に入ってもらうケースでも必ず証拠の質が結果を左右します。

 

以前、「アパートから出るところだけしか撮ってくれないのですが...」と他の探偵事務所の相談(クレーム?)に来られた方がいましたが、こんなのは問題外ですね。

アパートが判明した日の調査ならそういう事もあるかも知れませんが、毎回出るところだけって一体どんな調査しているのか?不思議です。そんなケースに限って調査料金だけは立派な金額なんですよ。

アパートの前に駐められた車の映像があってもダメですよ。そんなもの裁判等で決定的な証拠にはなりませんから。

アパートへの入退室の写真、その時間がきちんと証明されるような映像になっているのか?これが大事です。

 

契約時にそれらのことを必ず確認しましょう^^