不倫しやすい人物像:いつまでも子供な人

先月14日に東洋太平洋王座戦に挑み、見事勝利したボクシングの井上拓真選手の不倫報道が週刊女性プライムのニュースに出ていました。

井上拓真選手はお兄さんが有名な世界チャンピオンボクサーということでこうやって取り沙汰されているのでしょうが、記事によると酷いものです。

1月16日には昨年結婚して第1子が誕生したことを公表し「妻と娘の存在は、これまでと比べものにならないくらいの原動力を僕に与えてくれました」と言っていましたが、奥さんとの交際スタート後に出会った矢田亜希子似の20代半ばの女性(以下Aさん)と不倫関係にあったようです。

 

そのAさんの友人からの取材でわかった事は以下の通り

〇Aさんとは19年3月に知り合い男女の関係になった

〇その後一旦は関係を中断したが、20年7月に井上氏が温泉旅行に誘ったことで関係が復活

〇20年8月には軽井沢で行われるボクシングのチーム合宿にもAさんは同行した(合宿の最終日は奥さんの出産日だったが、その日も2人は関係をもった)

〇奥さんが入院している間も自宅マンションに招き入れるなど関係は続いた

〇新築の戸建てを購入した後も何度も呼び寄せた

〇お互いの友人には「俺の女」と公然の仲で人前でもキスをしていた

〇井上氏の「結婚しよう」「離婚したら子供は妻に引き取ってもらう」を信じてAさんは20年10月に夫に離婚を切り出す

〇20年12月Aさんの夫に不倫がバレて内容証明郵便が届き慰謝料を請求される

〇井上氏は態度を急変させ「まじふざけんなよ」「お前のせいや」とAさんにメールでまくしたてた

Aさんの友人という人物がどういう流れでこの情報を流したのかは分かりませんが、現在は食事も出来ないほど苦しんでいるAさんを思っての行動なのでしょう。

 

それにしても井上氏の態度の豹変ぶり、まさに子供...

不倫がバレて「おまえのせいや」っていやお前だろって突っ込みたくなります(^^ゞ 「まじふざけんなよ」はAさんが思った気持ちでしょうし、もっと言うと奥さんと昨年生まれた子供のセリフですよ。

時系列を見ると、20年12月に不倫がバレて慰謝料請求され、21年1月に結婚と第1子誕生(20年8月出産)を公表したということでバタバタ具合が想像されます(^^ゞ

井上氏もボロならW不倫したこのAさんもボロですけどね。

 

この子供染みたわがまま男性、対象者像に多いです。

普段からうんざりするほど子供っぽい男性。もしかすると出会った頃はこの感じに惹かれる女性が多いのかも知れません。

出会った頃は奥さんを必死で追いかけていても結婚や出産を境に飽きてきたら、自分を1番にかまってくれる女性を自分の近くにおきたくなる...調査の対象者像に多いのがこのタイプです。

熱しやすくて冷めやすい、自分を1番に思ってくれる人と好きなことだけしておきたい。まさに子供💦

これをピュアと言っていいのか微妙ですが気持ちの移り変わりが多く、いつまで経っても恋をする自分が1番。

これは女性の対象者にも当てはまることがあります。

 

結婚したら自分だけが楽しくわがままな生活は出来ません。

結婚する時に誓ったあの言葉、子供が誕生した時の思いを忘れないで欲しいです。